» 京丹後七姫灯籠のブログ記事

今年も京丹後市大宮町で京丹後七姫灯籠が点灯されています!

京丹後七姫は京丹後にゆかりのある7人の女性ですが、もう覚えて頂いているでしょうか?

昨年もブログに登場していますが、再度ご紹介します!

・小野小町 ・・・ 平安時代を代表する六歌仙の一人。絶世の美女だったといわれ、京丹後で晩年を過ごしたと言われている。

小野小町

 ・静御前 ・・・ 源義経の愛妾。京丹後市内の磯の地に生を受け、幼少期を過ごした。

静御前

 ・間人皇后 ・・・ 穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめひこ)の事。厩戸皇子(聖徳太子)の生母。蘇我・物部両氏の争乱の際に戦火を避けて現在の丹後町間人に身を寄せた。その地に自らの名を与えたため『間人(たいざ)』と呼ばれるようになった。

間人皇后

 ・細川ガラシャ ・・・ 明智光秀の三女で本名『玉』。細川忠興の正室。光秀が本能寺の変で織田信長を討った後、味土野(現在の京丹後市)に幽閉された。この時にキリスト教に教化され、後にガラシャの洗礼名を受ける。

細川ガラシャ

・川上摩須郎女 ・・・ 『かわかみのますのいらつめ』と読む。豪族の娘で、古代丹後を平定した丹波道主命の妻。

川上摩須郎女

・羽衣天女 ・・・ 伝説上の人物。酒造りを伝えたとも言われている。

羽衣天女

・乙姫 ・・・ 伝説上の人物。浦島伝説に登場する竜宮の姫。

乙姫

どの姫も奇麗に描かれてますねぇ。やっぱり美人だったんでしょうか。

京丹後七姫灯籠は平成24年1月5日まで、京丹後市大宮町の織物ホール駐車場前で点灯されています。

一度見に来てくださいね!!!

6月25日に大宮町小町公園で行われた、「ほたるまつり」に行ってきました!

お天気が心配でしたが、なんとか雨も降らず、到着するとすでに多くのお客さんでいっぱい。

会場には京丹後七姫灯籠も!

日が暮れると点灯され、とても幻想的!

こんなに人がたくさんいて、タイマツまで焚いているのにほたるは来るんだろうか…私がほたるなら絶対近づかないな…と心配しながら屋台でひとしきり飲んで食べたあと、いよいよほたるを見に公園付近の川沿いまで移動。

果たしているのかな…?と思いながら川のほうに近づいていくと…

いました、たくさん!!

木にとまっているほたるや飛び回るほたるが光るさまは、なんともいえない美しさ。(ほたるを撮影しようとしたのですが写りませんでした…実際にお越しになってご覧ください!)

川の音とほたるの光でとても癒されました。

7月1日から8月16日まで京丹後市商工会大宮支所前で京丹後七姫灯籠が点灯されますので、夜のドライブがてら、ぜひお越しください。

昨晩、寝ようとする御と、空からゴロゴロと低い音が聞こえてきました。
雷です。
太平洋側では珍しいかも知れません。

冬の雷は雪を呼ぶと言われ、本格的な冬の訪れを告げる合図です

案の定、今朝から大荒れの天気です。
窓がビュウビュウ鳴るような強い風が吹いています。
時おりあられの混じる雨が降っています。
夜は雪でしょうか。

今晩はホワイト・クリスマスでしょうか。
アミナリエを初めとして、久美浜峰山大宮それぞれでイルミネーションが灯されています。
ご家族やご友人、恋人同士で訪れてみてはいかがでしょうか。

お越しの際には、暖かい格好でお出かけ下さい。