» 八丁浜のブログ記事

先日の神鍋山トレッキングに続いて、京丹後市ジオトレッキングに参加しました。

今回は八丁浜~琴引浜遊歩道方面です。化石と高温水晶を探しに行きます!

出発前にガイドの先生に色々な場所の砂について教えて頂きました。

丹後半島の砂でも、色や細かさなど全然違います。驚き!!

小浜から琴引浜への遊歩道へ。

途中で海岸のほうへ降りて行きます。

結構な岩場を移動。足がもつれる…

いよいよ化石と高温水晶を探すときがやってきました!

なかなか難しいです…見つけられない。

他の参加者の方は色々見つけておられました。

水晶浜に移動して、引き続き探します。

努力のかいあって、木の化石と小さな水晶、微小貝を見つけました!

こんなサイズです。

今回は子どもさんも参加されていましたが、大人でもとても楽しむことができました。

今年度は京丹後市ジオトレッキングは今回が最後でしたが、来年も実施される方向とのことでしたので、是非ご参加ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京丹後市の海は冬になると、北西からの季節風で大時化となります。
この波に流されて、様々な漂流物が打ち寄せられます。

その中には信じられない物が流れ着きます。

先日、写真のようなゴミが漂着しているのを発見しました。
見たところ、ガスのボンベの様ですが・・・

当然ながら、このようなゴミは自然界からは発生しません。
人が出したゴミです。
実に残念なことだと思います。

このままでは観光客の皆さんをお招きできません!

そこで立ち上がったのがNPO法人『まちづくりサポートセンター丹後支所』の方達をはじめとする地域の皆さんです。

毎年3月~11月の1日、海岸清掃を行います。
どなたでも参加できます。
お時間に余裕のある方はご参加下さい。
詳しくは、『京丹後ナビ』をご覧下さい。


久しぶりに太陽が姿を見せてくれました!
日差しが雪に反射し、まわりがキラキラと輝いて、まぶしいくらいです。
暖かい日差しで雪もぐんぐん溶け始めています。

今日の八丁浜は波も穏やかで、澄み切った蒼い海です。昨日はたくさんいたサーファーさんも今日はまばらですね~。

サァァァァァ、サァァァァ

穏やかな潮騒の音を聞いていると、おもわずウトウト…

そういえば今日2月3日は節分。立春の前日。
冬と春の分かれ目です。
暖かくなるのも道理かも知れません。


節分と言えば、豆まきや恵方巻で有名です。今年の恵方は南南東とか。

節分で豆をまくのは、陰陽五行説に起源があると言われています。
五行説では、鬼は『金(鬼の”金”棒なので)』とされ、疫病等をもたらします。
鬼に見立てた大豆(固い物=金と言う意味だそうです)を、火(火は金を制する)であぶって弱らせ、丑寅(北東)の方角に追いやるのが豆まきです。
『金(鬼)』の力が弱まり、『木』が強くなる(金は木を制する)。これが春の訪れです。

意味を知り、豆まきをすると、霊験灼かな気持ちで春を迎えられるかもしれませんね。

昨日までとはうってかわって、今日はいい天気です。
暖かいと言ってもいいくらいです。
この暖かさで積もり積もった雪も少しずつですが溶けているようです。

暖かくなってくると…

多くのサーファーさんが待ってましたとばかりに海に飛び込んでいきます。

なかなか上手ですね~

この暖かさは一週間くらい続くそうです。
このまま春になればいいのにな…

あっ、アカン。
まだスキーに行ってない!

2月13日(日)には、京丹後市唯一のスキー場・スイス村スキー場でで『丹後スキー大会』が行われます。それまでは溶けないで欲しいです。


 昨晩から降り続いた雪で今朝は真っ白です。そうなると、朝は自動車の屋根に降り積もった雪をどける作業から始まります。
 あちこちの道路が積雪・凍結していました。
 右へ左へハンドルを取られるので、いつもの何倍も運転に注意する必要があります。
 雪道運転のポイントは、『急』のつく動作をしない事、できるだけフットブレーキを使わない事、ハンドルをゆるめに握る事です。

 昼頃には、降り積もった雪もずいぶんと溶けて走りやすくなりました。吹く風も冷たいですが、数日前のような身を刺すような寒さではありません。

 海を見ると転々と人が。サーファーさんです。いくらウェットスーツを着てるとは言え、寒くないのでしょうか、と本気で思います。

 水の冷たさもさることながら、軽く大人の背丈を超えるような波も恐そうです。この時期3m、4mといった波の日もあります。サーフィンをされる方は、十分に気をつけて下さい。