» 白鳥のブログ記事

二十四節気の立冬を過ぎ、暦の上では冬。
網野町支部から、早くも冬の気配を感じさせる一枚が届きました。

網野町の離湖は京都府下最大の淡水湖です。
その離湖に白鳥が飛来しました。
昨年も飛来し、『ちょっとした』騒ぎになりました。

白鳥たちは、長旅で疲れた羽を休めて、また次の空へ旅立つのでしょう。

・・・などと思っていると、地元の京丹後のコミュニティサイト『T-WAVE』からの情報が。
この白鳥はシベリアから長旅をする白鳥ではなく、『コブ白鳥』と呼ぶそうで碇高原の池との間を往復しているとのこと。(去年の情報ですが)

紅葉の色づきも深まる中、冬の気配を感じることができました。