この数日、ひたすら降り続けた雪。道路によっては、前に進む事もおぼつかない路面状況の箇所もあります。国道など主要な幹線道路については、走りやすいですが、側道や路地など除雪の入らない(または頻度の少ない)箇所を走行する際には、滑り止めの装着はもちろん、注意が必要です。

写真は昨晩の様子です。雪の中に突き立てているのは雪かき用のシャベルです。皿の部分が完全に隠れてしまうほど積もっています。今朝はさらに5cmほど積もっています。

幸いこの雪も午前中には収まるようですが、週末も寒波の影響で降積雪が予想されます。京丹後市へお越しの方は、必ず滑り止めをご準備下さい。タイヤチェーンは、走れなくなる前に早めに装着する事をお奨めます。

あとは、ゴム長靴があれば、除雪のしていない所でも歩けます。裏にスパイクがついている物は、より効果的です。


昨日の様子をもう一枚。この日、取材に訪れた小天橋の『ふなや浮島』さんのお部屋から撮らせていただきました。

水面にプカプカ浮いている固まりが見えます。これは『どべ』と呼ぶそうです。
雪が多く水温が低いなど、いくつかの条件が重なって、水の上に降った雪が溶けずに積もった物です。かつては、凍った『どべ』を渡って久美浜湾の対岸まで行けたとか・・・

『どべ』に関しては、臨江庵さんのブログで詳しく紹介されています。

京丹後の風物詩の一つです。見られたらラッキーです。


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする