今年のNHK大河ドラマ『江~女たちの戦国』。
主人公は浅井三姉妹の一人、江。後の徳川秀忠に嫁ぐ事になった人物です。
上野樹里さんが持ち前の明るさと元気で演技しているのが印象的です。

さて、どうして大河ドラマの話なのか。
何も関係がなさそうに見えます。

実は、意外な所でつながります。

江の姉・茶々(後の淀君)の乳母・サキ。彼女の夫は大野道犬という戦国武将です。

大野道犬は、現在の大宮町口大野付近の生まれと言われています。
道犬が若い頃、故郷を飛び出し、浅井家に仕えます。
そこで娶った妻がサキ。後の大蔵卿局です。

浅井家滅亡後、道犬は故郷の丹後へ帰り、一色氏に仕えます。
サキはそのまま残り、茶々の乳母として織田家中に身を置く事になります。

細川氏による丹後平定で、再び主家を失った道犬は紹金と名を改め、口大野の地に隠棲します。

世は代わり、豊臣秀吉の天下。
天下人・秀吉の側室として寵愛を受けた茶々。
その乳母の夫である道犬と子・治長、治房は、秀吉に召し抱えられる事になります。

治長は、秀吉の直臣として重用され、道犬も丹後の地で代官を任されました。

そして、大坂城決戦。
道犬、治長・治房父子。そして大蔵卿局の大野一族は、大恩ある豊臣秀頼の為に文字通り命を賭して戦い、命を落としました。

少し強引かも知れませんね・・・


参考文献
『大宮町誌』
『わがふるさと口大野の歴史』(口大野コミュニティ活動活性化推進委員会・編集)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする