4月17日に、京丹後市観光協会HP「京丹後ナビ」でも参加者募集していた「丹後でのんびり春色ハイキング」に行ってきました。

京丹後市久美浜町の城下町のまち並みを歩くコースです。

集合はKTR久美浜駅。晴天に恵まれ絶好のハイキング日和!

ガイドさんに「君の日ごろの行いがええからだ」と言われ大喜び^^

参加者が揃ったところで、一行はさっそく神谷太刀宮神社へ向かいます。

神谷太刀宮神社は近畿で唯一、丹波道主命をお祀りする由緒正しい神社なのだとか。

本殿の左手には荘厳な雰囲気の森があり、そこにはなんと巨岩が!

 

神殿が創られる以前は神が鎮座し祀られていた「盤座(いわくら)」であるようだとのこと。

最近ではパワースポットとして通の間で話題とか…納得。

その後、久美浜町の特産品の「鯛せんべい」の工房見学→まち並み散策しながら、如意寺へ移動。

如意寺は関西花の寺第七番札所として有名なだけあり、年間なんと約300種の花が咲くそうです。

更にこちらのお寺は、ご住職の「花説法」も有名です。

昼食後、その説法を初体験!!

ご住職が花に例えながらわかりやすくユーモアを交えてお話されるので、説法にも関わらず皆大笑いでした。

続いて一同は久美浜湾遊覧船へ。

普段は見ることができない、海の上からの久美浜の景色が見られるとあって、参加者の方も楽しみにされている様子。

如意寺近くの船乗り場からいざ、乗船!

走っては船長さんのガイドを聞き、また走り…どんどん陸が遠ざかって行きます。

気がつけばカキ棚がこんなに近くに! 

途中、無人島で一休み。島から見る久美浜もとてもキレイ☆

島を出て再び久美浜へ戻り、最後のスポットである豪商稲葉本家へ向かいます。

のんびりと歩いていると、道中になんとも風情のある景色を発見!

ガイドさんによれば、とある映画会社の目にとまり、時代劇のロケにたびたび使用されたそうです。

そうこうしているうちに豪商稲葉本家に到着です。

丹後随一の豪商の邸宅だけありやはり美しいです。

庭も、小さいながらも庭好きの方をうならせるとか…

稲葉本家を出たあと、KTR久美浜駅まで戻り、ハイキングもいよいよ終わり。

参加された皆さま、お疲れ様でした。とても楽しい一日でした!!

5月15日(日)には、「丹後でのんびり春色ハイキング」第2弾『世界の認定で、ジオをさけぶ』を行います!

こちらも普段なかなか聞くことのできないガイドの説明付きのハイキングです。

遠方の方はもちろん、地元の方も新しい丹後の魅力を発見できます!

興味をお持ちの方はぜひご参加くださいね。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする