京都府北部【海の京都】京丹後市の観光情報「京丹後ナビ」は、久美浜町・網野町・峰山町・大宮町・弥栄町・丹後町の6町からなる京丹後市観光協会のサイトです。

丹後の歴史を巡る旅①~古代ロマン・神代の旅~

 丹後半島は古代から脈々と歴史の続く土地です。
 丹後半島の歴史を訪ねる旅。今回は古代の遺構・遺跡を巡ります。

 各名所をいっそう楽しめる観光ガイドもご一緒にいかがですか。ご希望の方やお問い合わせは、道の駅・てんきてんき丹後(0772-75-2525)まで。

■総距離 : 約30km(移動のみ)
■所要時間 : 約1時間強(移動のみ)

出発・久美浜駅
神谷太刀宮
嶋子神社
銚子山古墳・しわ榎
道の駅・てんきてんき丹後
竹野神社・神明山古墳・丹後古代の里資料館



クリックすると拡大できます。

出発・久美浜駅・地図
 明治維新後の廃藩置県の際に、近隣五国の中心として設置された久美浜県の旧庁舎をモチーフにした駅舎。毎週日曜日には、地元産の野菜や手作りの総菜などを売る朝市が開かれる。

↓ 徒歩約5分

神谷太刀宮地図

 丹後平定を命じられた四道将軍・丹波道主命が出雲より大国主命をお招きして祀った神谷神社。その丹波道主命の神魂として『国見剣』を祀った太刀宮。この二つが合祀されて現在の名前に至る。
 『国見剣(くにみにつるぎ)』の『国見』が訛って『久美』となり、『久美浜』の語源になったと言われている。霊験灼かなパワースポット。
毎年10月上旬には、神谷太刀宮大祭が行われる。

境内には。旧久美浜県の庁舎の一部が移築されしている。

↓ 約40分、詳細ルート

嶋子神社地図

 『丹後風土記』に伝えられる浦島伝説。水江浦嶋子(みずのえのうらしまのこ)を祀った神社。神社から少し進んだ所には嶋子が釣った魚を放したと言われる岩場がある。

近くには、竜宮城をモチーフにした宿『万助楼』がある。

↓ 約5分、詳細ルート

銚子山古墳・しわ榎地図

 日本海岸最大級の前方後円墳。かつて丹後地域に大きな勢力があったのではという『丹後王国説』を裏付ける遺跡。円墳部と方墳部の境近くに嶋子が生まれたと言われる家がある。家の脇には、嶋子が顔のしわを投げつけたと言われる『しわ榎』がある。

古墳への登り口が少々分かりづらいので、注意が必要。周辺地図を参考にして下さい。

↓ 約25分、詳細ルート

道の駅・てんきてんき丹後地図

 トイレや土産物店、レストランもあり、休憩にはちょうど良い施設。ジオパークのパネル展示コーナーや観光案内の窓口もある。

お問い合わせは0772-75-2525。

↓ 約5分、詳細ルート

竹野神社・神明山古墳・丹後古代の里資料館地図

 神明山古墳は竹野川の河口を見下ろす丘の上に築かれた前方後円墳。五世紀頃に作られた豪族の墓と言われている。全長190mは銚子山古墳に匹敵する規模であり『丹後王国説』を裏付ける遺構として位置づけられている。

 竹野神社は『古事記』によると、開化天皇(紀元前208年~同98年)に仕えた丹波大県主由碁理の娘・竹野媛が晩年に郷里に帰り、天照皇大神を祀ったのが謂われ。室町以後、武家の信仰も篤く、航海安全の神としても祀られた。摂社として斎宮神社がある。毎年第三日曜日には『斎宮初午祭』が行われる。

 丹後古代の里資料館は縄文時代から古墳時代にかけての出土品や歴史にまつわる品々が展示されています。開館時間は9:30~16:00(火曜休、火曜が祝日の場合は水曜休)お問い合わせは0772-75-2431まで。

ちょっと足をのばして

峰山町五箇にある『比沼麻奈為神社』は、現在では伊勢神宮外宮に御鎮座されている『豊受大神』が元に御鎮座された元伊勢と言われている。場所はこちら
※ちなみに丹後地域には、他にも元伊勢神社を名乗る神社がある。籠神社(宮津市)、元伊勢三社(福知山市大江町、皇大神社、豊受大神社、天岩戸神社)の三社である。


Created by シスマックス

このページのトップへ戻る