京都府北部【海の京都】京丹後市の観光情報「京丹後ナビ」は、久美浜町・網野町・峰山町・大宮町・弥栄町・丹後町の6町からなる京丹後市観光協会のサイトです。

京丹後の歴史を訪ねて①『細川ガラシャ』(弥栄町味土野)

 細川ガラシャは、明智光秀の三女で、細川忠興の正室になった女性です。
 キリスト教弾圧の厳しかった時代に、キリスト教の教えに傾倒し、洗礼を受けます。それがガラシャという名前です。
 今回は、その細川ガラシャにゆかりのある地を訪ねます。

 KTRの峰山駅から、旅を始めます。移動には自動車(タクシー)を使われるのがいいでしょう。
 峰山は、古くは一色氏によって治められ、戦国時代に織田家配下の細川氏によって平定されました。
 江戸時代初期に丹後国・峰山藩として京極氏によって治められるようになりました。以降、明治4年(1871 年)の廃藩置県に至るまで、1万3000石の大名として2代にわたり若年寄を輩出した名家の一つとして栄えました。
 峰山城は現在では存在せず、城跡のみが残っています。

 峰山町には、金刀比羅神社があります。金刀比羅神社は、四国の金比羅宮に信仰の篤かった京極氏によって建てられました。
 春夏秋には御輿や山車が繰り出すお祭りが行われています。
 また、毎月第三日曜日には『こんぴら手作り市』が開催されています。
 境内には、狛犬ならぬ『狛猫』がいます。少し愛嬌のある顔をしています。

 国道482号線を丹後町方面へ北に向かいます。
 しばらく進むと、スイス村への誘導路があります。それに従いしばらく進んで下さい。
 府道654号線→75号線と山の中を進んでいきます。

 野間集落まで来ると、分岐があるので『味土野』と書かれている方へ進みます。
(写真の交差点を右へ進みます。)

 更に進むと、須川集落の手前に橋があります(黄色いのぼりが立っています)ので、左に曲がって渡って下さい。

 須川の集落を抜けるとの山道が続きます。
 途中、道が分岐します。直進方向(狭い方の道)へ進んで下さい。
 だんだんと秘境の雰囲気が漂ってきます。
 離合困難なので、譲り合って注意して進んで下さい。

 味土野の集落を抜けた外れに、細川ガラシャの碑がひっそりと建っています。
 味土野の地は、山に囲まれた斜面に張り付くように民家が軒を連ねています。
 聞こえるのは、風に揺られる木々の音と鳥の声だけ。
 周りには、桔梗の花が咲いていました。桔梗は細川ガラシャの生家である明智家の家紋です。

 この地は、細川ガラシャが幽閉された際に、侍女とともに過ごした邸宅があった通称女山。谷を隔てた向かいの山に、家来が住んでいた男山(現在の集落のあるあたり)と言われています。
 家村耕の小説『光秀奔る』では、次女達の住まう家が雪で埋まり、春になるまで外に出る事ができなかったというエピソードも描かれています。フィクションなのでどこまで本当かは分かりませんが、それほどたくさんの雪が降る場所だったという事でしょう。

 ついでに少し足を伸ばし、味土野大滝へ。
 落差約20mの壮大な滝ですが、谷底まで降りるには、道が整備されていないので少し危険です。


Created by シスマックス

このページのトップへ戻る