京都府北部【海の京都】京丹後市の観光情報「京丹後ナビ」は、久美浜町・網野町・峰山町・大宮町・弥栄町・丹後町の6町からなる京丹後市観光協会のサイトです。

経ヶ岬

丹後半島の最北端、海抜148mの断崖に建つ、白亜の灯台です。 設置されたのは明治31年(1898年)。第1等レンズを使用した第1等灯台で、国内に5ヶ所のみの希少な灯台です。 平成20年(2008年)には、経済産業省の近代化産業遺産にも指定されています。 展望台の駐車場からは、棚田の袖志集落や日本海にそそり立つ断崖絶壁、そこに巣を作るハヤブサなどの絶景スポットがあり、天気の良い日には、多くのカメラマンがレンズを構えています。 眼下には、安山岩からなる柱状節理の発達した海食崖になっており、『山陰海岸ジオパーク』のスポットにもなっています。 近くには、穴文殊や袖志の棚田集落、航空自衛隊の経ヶ岬分屯基地があります。 地名の由来には、諸説あります。

・この岬が海の難所であり、僧侶がたくさんのお経を納めた説 ・海面近くにほぼ垂直に立つ柱状玄武岩が経巻のように見える説 ・伝説によると、昔この海域に棲みついた悪竜を文殊菩薩が教化し善竜にしました。そして二度と悪竜にならぬようお経を納めた説

■アクセス : 丹鉄『網野』から、丹海バス『経ヶ岬』下車、徒歩約15分(灯台はさらに徒歩約30分) 丹鉄『網野』から、車で約1時間、地図(PC携帯
■近隣観光スポット : 穴文殊袖志の棚田
■紹介HP : http://www.tankai.jp/kanko_kyougamisaki.html (丹後陸海交通のHPにジャンプします。)


Created by シスマックス

このページのトップへ戻る