京都府北部【海の京都】京丹後市の観光情報「京丹後ナビ」は、久美浜町・網野町・峰山町・大宮町・弥栄町・丹後町の6町からなる京丹後市観光協会のサイトです。

特産品

京丹後では冬のカニや牡蠣をはじめ、きれいな日本海で水揚げされた水産物や、丹後コシヒカリをはじめ、京野菜や砂地を活かした果物など豊かな土壌ときれいな水が育む農産物があります。また、これら地元で収穫された食材を活かした伝統的な郷土料理があります。


郷土料理

ばら寿司

ばら寿司

さばのおぼろを使うのが特徴的な郷土料理。お祭りや祝い事など、人をもてなすハレの日にはかかせない家庭の味。長方形の木で作った「まつぶた」に甘辛く炒ったさばのおぼろと寿司めしを重ね、錦糸卵、しいたけ、かまぼこ、紅しょうがで彩りをそえます。

食べられる時期:通年

このしろ寿司

このしろ寿司

久美浜湾で獲れた25cmほどに成長したコノシロを背割りにして中骨をとり酢に漬けてしめ、おからに麻(お)の実を少し入れて炒り、酢飯の代わりにおからをつめて、甘酢で味付けをします。冬期限定の冬の味覚です。

食べられる時期:冬期期間限定(11月-3月)

へしこ

へしこ

精米する際にとれるコメの皮である糠に、塩漬けにしたサバをじっくりと長時間熟成発酵させて漬け込んだ伝統的な保存食です。御飯のおかずや、酒のアテはもちろん、お茶漬けやパスタの具材としても召し上がって頂けます。

食べられる時期:通年


水産物

牡蠣

牡蠣

京丹後の冬の味覚と言えば、カニ。 …というのは有名な話。京丹後には、まだまだ冬の味覚が存在します。その一つが…牡蠣(カキ)です!プランクトンが豊富な久美浜湾で育ったカキは肉厚で濃厚。まさに海のミルクです。カキ棚の浮かぶ久美浜湾は京都府の文化的景観に選定されています。夏は岩牡蠣、冬は冬牡蠣。久美浜湾の恵みを存分に受けて育った牡蠣はひと味違います。

漁期:12月-3月

ズワイガニ(松葉ガニ、間人ガニ)

ズワイガニ(松葉ガニ、間人ガニ)

「京丹後の冬の味覚」と言えば松葉ガニ(ズワイガニ)。特に丹後町・間人漁港で水揚げされる松葉カニを『間人ガニ』と呼び、大きさ、身の詰り、姿形によって細かく分別され品質・味ともに最高級です。水揚げ量が少ないため『幻のカニ』とも呼ばれています。間人港、浅茂川港からの日帰り操業により鮮度は抜群です。メスのコッペガニは、プチプチとした食感の外子、濃厚なうまみの内子が味わえます。

ズワイガニの漁期:11月6日-3月20日
コッペガニの漁期:11月6日-12月末日

鰆(さわら)

鰆(さわら)

サゴシ、ヤナギ、サワラと呼び名のかわる出世魚。年間を通して安定した漁獲量がありますが、漢字の通り、春を告げる代表の魚です。丹後近海では、秋から冬にかけて、サゴシ(体長40~50㎝)と春にはサワラ(60㎝以上)が漁獲されます。漁獲量が上がることで京丹後の食文化に深く関わっており「京丹後サワラ」として人気の魚です。寒サワラと呼ばれている冬時期に漁獲されるものは良質の脂がたっぷりのってとても美味しいです。

漁期:通年(冬から春が旬)

とり貝

とり貝

”トリ貝”とは、身が鳥の頭部に似ていることから名付けられた二枚貝です。普通のトリ貝に比べて殻の大きさが9~10cm、重さが40gほどにもなるジャンボサイズです。 丹後の海では、他の地域と比べ夏になっても餌となるプランクトンが豊富な事から大きなトリ貝が育ちます。身の厚みがあり噛めば噛むほど美味しさは倍増、”丹後とり貝”として人気の高い一品です。

食べられる時期:初夏限定


農産物

丹後米(丹後産コシヒカリ)

丹後米(丹後産コシヒカリ)

丹後産コシヒカリは、(財)全国穀物検定協会 米の食味値「特A」の最高ランクを獲得し、近年では通算10回目の「特A」を獲得。(平成23年は「Aランク」)直近5年では4回の「特A」を獲得しており、西日本の最多記録を更新しました。(平成24年2月現在)「天の恵み ガラシャ」「竹丹米」などの特別栽培米も生産されています。

食べられる時期:通年

京たんご梨

京たんご梨

9月に最盛期をむかえる京たんご梨は、大玉で甘くてみずみずしい味わいが特徴です。人気の京たんご梨は果物で唯一の「京のブランド産品」。高糖度・高品質には定評があります。新品種「ゴールド二十世紀梨」のうち、選果場の糖度センサーによる糖度が11.5度以上のものだけが選別され、「京たんご梨」と呼ばれています。

収穫時期:9月上旬-9月下旬

メロン

メロン

京丹後の地形を利用した海沿いに広がる砂丘を活かしメロンの栽培が盛んで、生産量は京都府一です。果肉はみずみずしくて甘く清涼感があります。形や糖度など特に品質の高いものは「琴引メロン」「久美浜砂姫メロン」「夕日ケ浦メロン」の砂丘育ちのブランドメロンがあります。

収穫時期:6月下旬-8月中旬

小玉すいか

小玉すいか

久美浜砂丘特産研究会では「砂丘のたまご」の名で小ぶりで甘いスイカを販売しています。少人数の家族でも食べきれる小玉スイカが人気です。スイカの栽培は、水はけが重要で高品質で甘みたっぷりのスイカ生産には京丹後の砂丘地が適しており、水分調整が良くできた砂丘地のスイカは旨みが凝縮しています。

収穫時期:6月下旬-7月下旬

桃

桃は京丹後市内の海岸沿いの直売所にて、夏の始まりを告げる品物となり販売されています。日本海の海風と豊かな地形が甘味のギュッと詰まった桃の美味しさを育みます。甘みが強く果肉がやわらかい白桃系と酸味が少なく果汁が多いピンク色の白鳳系などがあります。時期により桃の収穫種類は異なります。

収穫時期:7月中旬-8月上旬

ぶどう

ぶどう

ぶどうは丹後の夏の陽光を十分に浴び、豊かな自然と丘稜地形を生かして育まれます。糖度が高く大粒な藤稔、ピオーネや糖度、酸味があり濃厚な味のベリーA・デラウエア・ベリーA・藤稔・紅藤・安芸クイーン・マスカット・ピオーネ・紫玉・キングデラ・ロザリオ・ゴルピーなど種類は多彩です。

収穫時期:8月下旬-10月中旬


Created by シスマックス

このページのトップへ戻る