京都府北部【海の京都】京丹後市の観光情報「京丹後ナビ」は、久美浜町・網野町・峰山町・大宮町・弥栄町・丹後町の6町からなる京丹後市観光協会のサイトです。

京丹後七姫

 ※写真または名称をクリックすると、詳細ページを表示します。

嶋児神社

乙姫

網野町浅茂川 乙姫(嶋児神社) 網野町は、「丹後国風土記」に伝えられる浦島太郎伝説の地です。浦島太郎は後世につけられた名前で、風土記では水江浦嶋子(みずのえのうらしまこ)となっており、この嶋子をまつる神社が網野町浅茂川の・・・
乙女神社

羽衣天女

峰山町鱒留 羽衣天女(乙女神社) 昔、比治(ひじ)の山の真奈井で天女が水浴びをしていると、老夫婦に羽衣を隠され天に帰ることができなくなりました。天女は酒をつくり老夫婦と暮らしましたが、その後、家を追い出され、ほかの村に移・・・
熊野神社

川上摩須郎女

久美浜町須田 川上摩須郎女(湯船坂二号墳、熊野神社) 川上摩須郎女(かわかみますのいらつめ)は、往古、丹波の国王として君臨していた丹波道主命の妻です。丹波国の豪族・川上摩須の娘として生まれ道主命の妻となり、一男三女をもう・・・
間人皇后母子像

間人皇后

丹後町間人 間人皇后(間人皇后母子像) 聖徳太子の母・間人(はしうど)皇后(穴穂部間人皇女・あなほべのはしうどのひめみこ)は、6世紀末、大和政権の蘇我氏と物部氏との争乱を避け、今の丹後町間人(たいざ)に、子の厩戸皇子(後・・・
小町公園

小野小町

大宮町五十河 小野小町(小町公園) 小野小町は平安時代を代表する六歌仙の一人です。絶世の美女であったといわれています。妙性寺のいわれを記した縁起には、晩年に都を離れ、天橋立を目指した小町が途中、五十河(いかが、現在の京丹・・・
細川忠興夫人隠棲地(石碑)

細川ガラシャ

弥栄町味土野 細川ガラシャ(細川忠興夫人隠棲地(石碑)) 明智光秀の三女としてうまれた玉子(後のガラシャ)は丹後田辺城(現舞鶴市)の細川忠興に嫁ぎました。父が織田信長を討った本能寺の変の後、玉子は味土野(みどの、現在の弥・・・
静神社

静御前

網野町磯 静御前(静神社) 磯(現在の網野町磯)で禅師の娘として生まれたとされる静御前。父の死後、母とともに京都へ上り白拍子となりました。その後、舞う姿を源義経に見初められ、愛妾となりました。しかし義経は兄・頼朝に追われ・・・

京丹後七姫めぐりマップ

京丹後七姫マップ

京丹後七姫にゆかりのある土地や観光スポットのマップです。
右クリック⇒ファイルを保存でダウンロードできます。(PDF形式、約1.2MB)

出典・引用:パンフレット『京丹後七姫めぐりマップ』(京丹後市観光振興課)


Created by シスマックス

このページのトップへ戻る