京都府北部【海の京都】京丹後市の観光情報「京丹後ナビ」は、久美浜町・網野町・峰山町・大宮町・弥栄町・丹後町の6町からなる京丹後市観光協会のサイトです。

引原のごんすけ

京丹後の伝説・民話 引原のごんすけ木津から網野へ出る道に引原峠があり、昔は大木が茂って昼でも暗い山道でした。 ここに人を化かす古狸がいて「引原ごんすけ」と呼ばれておりました。 お祭りなどの帰りに持っていたごちそうを食い荒らされたり、風呂を浴びていたらそれは小川の水たまりだったなど、そんな事件が村人たちの間でよく聞かれたものでした。 そこで新庄や今井などの村人が狸の悪さを封じるため、石地蔵を建立して僧の読経をいただいたところ、ごんすけは姿を消しました。
その後、隣村の塩江の五石の山へ移ったごんすけは、嵐の夜に浜辺のあちらこちらで火を燃やし、沖を通る舟をおびき寄せては難破させ、食糧や積荷を奪ったりしました。 地元の人たちは海上がよく見渡せる峠に大きな石地蔵を建立し、偉いお坊さんを招いて狸封じのお経をいただきました。 その法力によってごんすけはそこにもいられず、但馬の山へと退散してそちらにに棲みつきました。
そんなある日、木こりがたき火をしていると、見知らぬお婆さんがやって来て「ちょいとあたらせてくんさらんか」と言いました。 よく見るとお婆さんの後ろに尾が見えます。 木こりは「さてはこいつだな、近頃うわさの古狸めは」とそこにあった燃えさしの丸太をつかんで打ちたたき、とうとうごんすけを退治してしまいました。 これが「引原ごんすけ」の最期でした。


Created by シスマックス

このページのトップへ戻る