京都府北部【海の京都】京丹後市の観光情報「京丹後ナビ」は、久美浜町・網野町・峰山町・大宮町・弥栄町・丹後町の6町からなる京丹後市観光協会のサイトです。

丹後町の観光スポット

丹後町袖志

経ヶ岬(灯台)

経ヶ岬灯台

丹後半島の最北端建つ、海抜148mの断崖に建つ白亜の灯台です。 設置されたのは1898年。第1等レンズを使用した第1等灯台で、国内に5ヶ所のみの希少な灯台です。 2008年には、経済産業省の近代化産業遺産にも指定されています。 安山岩からなる柱状節理の発達した海食崖になっており、『山陰海岸ジオパーク』のスポットでもあります。

京丹後市丹後町袖志162-1
丹鉄「網野」⇒丹海バス65分「経ヶ岬」下車、徒歩約30分。駐車場から灯台までは、徒歩約20分

丹後町間人

城嶋公園

城嶋公園

丹後町間人西端に隣接する標高21m周囲4kmほどの小島です。島内は公園になっており島の北岸、西岸には、広い波食台が見られなお、隆起した波食台は城島から東の間人港付近まで続いています。島内を一周する遊歩道が整備されています。また、本格的な磯釣りやファミリーの磯遊びにと楽しめるポイントとしても有名です。

京丹後市丹後町間人
丹鉄「網野」駅⇒丹海バス「長浜」下車、徒歩約10分

丹後町碇

碇高原

碇高原

大草原で高級食肉ブランド「丹後牛」を放牧している総合牧場です。標高約400mに広がる緑の大草原と青い空、これに棟の屋根の赤色が見事に映えます。丹後牛を間近で見れますので、お子様にもオススメです。池には白鳥が数羽います。近くにはウッディーで落ち着いた佇まいのステーキハウスで国産の和牛ステーキをお楽しみいただけます。

京丹後市丹後町碇1
丹鉄「峰山」駅⇒車で約50分

丹後町間人

立岩

立岩

「間人」には聖徳太子の生母であり、第31代・用明天皇の第三皇子麿子親王が鰾古・軽足・土車という3匹の鬼を退治された時、二匹は殺し土車だけはみせしめのため、この大岩に封じ込めたといわれています。今でも強風、波の高い夜などは、鬼の泣声が聞こえるといわれています。柱状玄武岩のそそり立っているところから立岩とも呼ばれ、日本でも数少ない自然岩の一つです。

京丹後市丹後町間人
丹鉄「網野」⇒丹海バス30分「丹後庁舎前」下車、徒歩約7分

丹後町筆石

屏風岩

屏風岩

丹後町筆石にある、高さ約13m安山岩。海面からそそり立つ様子が屏風をたてたような形に見えることから名付けられました。北西の方に小さい岩が5つほど海に浮かび、それがちょうど一直線に連なり、台地の亀裂の変化を物語っています。対岸の海岸段丘上には展望台があり、屏風岩の景観をじっくりと眺める事ができます。

京丹後市丹後町筆石
丹鉄「網野」⇒丹海バス35分「筆石」付近下車(フリー乗降区間)。丹鉄「網野」から、車で約30分

丹後町平

丹後松島(展望所)

丹後松島(展望所)

丹後天橋立大江山国定公園の丹後半島海岸地区の一部です。海に浮かぶ岩と生い茂る松の木の様子が日本三景の一つ松島に似ていることから、丹後松島と呼ばれるようになりました。リアス式の海岸の連なる風景が、経ヶ岬まで続き、朝日や夕日の絶景スポットとしても有名です。 『山陰海岸ジオパーク』を代表する眺めです。

京丹後市丹後町平
丹鉄「網野」⇒丹海バス43分「此代」付近下車(フリー乗降区間)。丹鉄「網野」⇒車で約40分

丹後町尾和

穴文殊

穴文殊

京丹後市丹後町尾和
丹鉄「網野」駅⇒車で50分
丹鉄「網野」駅⇒丹海バス60分。「穴文殊」下車、徒歩約3分

丹後町袖志

袖志の棚田

袖志の棚田

険しい山々と海にはさまれた土地を利用して田んぼが作られています。扇状地に開けた約4百枚の棚田からは日本海を望むことができ、海と集落と棚田が調和した美しい景観は「日本の棚田百選」に認定された棚田の一つです。刈り取られた稲は「稲木(いなき)」に架けられて天日干しされ、今では全国的にも貴重となった風景を見ることができます。

京丹後市丹後町袖志
丹鉄「網野」駅⇒車で約50分
丹鉄「網野」駅⇒丹海バス「袖志」下車 徒歩約10分
http://tanada-hozon.jimdo.com/

丹後町間人

間人皇后・聖徳太子母子像

間人皇后・聖徳太子母子像

聖徳太子の御母である穴穂間人(あなほべのはしうど)皇后は蘇我氏と物部氏の争乱を避け、この地に身を寄せたと伝わります。大和の国へ帰られるにあたり皇后から御名を賜りましたが、畏れ多いと考えた村人は御退座にちなみ間人「たいざ」と読むことにしました。この伝説をもとにした母子像が日本海を眺めるように後ヶ浜(のちがはま)にたたずんでいます。

京丹後市丹後町間人
丹鉄「網野」駅⇒丹海バス30分「丹後庁舎前」下車すぐ

京丹後観光スポットマップ


Created by シスマックス

このページのトップへ戻る