京都府北部【海の京都】京丹後市の観光情報「京丹後ナビ」は、久美浜町・網野町・峰山町・大宮町・弥栄町・丹後町の6町からなる京丹後市観光協会のサイトです。

琴引浜鳴き砂文化館へ行く

ジオキャラバン開催中の琴引浜鳴き砂文化館へ行きました! 実は一年半ぶりです。 入館後さっそくお気に入りの2階の漂着物コーナーへ。 漂着物が展示してあるんですが、芸術的で好きなんですよね。 すごい数のライター…日本のもの、外国のもの両方あります。 他にも外国の名刺や駒、注射器などの危険物なども展示されています。本当に色々なものが流れ着いているんですね。 いくら近いとはいえ隣の国まで流れてきたのに、名刺なんで破れないの…???手紙みたいにビンに入ってたの???と思ってたんですがプラスチック製ですね。 この名刺の主も、異国で自分の名刺が展示されているとは夢にも思っていないのではないでしょうか。 なんだかムーミンみたいなのもいます。心なしか海パンを履いているようにも見えます。 そしてこんなのも。 真ん中にはかわいいハリセンボンが!左上にも魚らしきものがいるし、生きたまま打ち上げられたの??不思議です。 さらに日本・世界の鳴き砂コーナーもあります。 世界各地の鳴き砂がたくさん。 触れないとなると触りたくなります…今はガラスケースの中のこの砂を現地に行って触ってみたい… そしてついに!今回のお目当てはこれ!!! ジャーン!!サメです!!! 歯がすごいですね。ギザギザです。普段何を食べているんでしょうか。(調べてみたらカツオ・マグロ・イカ類などのようです。歯が鋭いのも納得です) しかもこの剥製、輪切り状です。切断面はどうなってるのか気になります。 アオザメの剥製はジオキャラバン期間中(-1/15)に見ることができるので、実物が見てみたい方は急いで琴引浜鳴き砂文化館へ!!                              

Created by シスマックス

このページのトップへ戻る