京都府北部【海の京都】京丹後市の観光情報「京丹後ナビ」は、久美浜町・網野町・峰山町・大宮町・弥栄町・丹後町の6町からなる京丹後市観光協会のサイトです。

網野銚子山古墳

網野銚子山古墳

京丹後市網野町網野には、丹後町の神明山古墳(全長190m)と加悦町の蛭子山(えびすやま)古墳(全長1145m)とともに丹後地方の三大前方後円墳の一つとされている銚子山古墳である。古墳時代前期後半(5世紀初め)に築造された古墳で、全長198mの規模は、日本海沿岸部では最大の規模を誇る。隣りの弥栄町にも黒部銚子山古墳(全長 100m) という古墳があり、これと区別するために網野銚子山古墳と呼ばれることが多い。この古墳は、崇神天皇の時代、四道将軍の一人としてこの地に遣わされた丹波道主命の墓ともいわれている。しかし、丹波道主命の墓は、弥栄町の黒部銚子山古墳にも伝承が残っている。全長は上記のように198m、後円部は径が115m、高さが16m、前方部は幅80m、高さ12mの前方後円墳である。墳丘は三段に築成され、それぞれの斜面には葺石が敷かれ、各段のテラスには丹後地方特有の円筒埴輪の列が巡らされていた。墳丘に築かれている内部主体はまだ調査されていないが、おそらく竪穴式石室だろうと推定されている。築造 時期は、古墳時代前期末~中期初頭(4世紀末~5世紀初)と推定されている。この古墳は、前と後ろに小銚子古墳と寛平法王陵古墳の2基の陪塚(いずれも国の指定史跡)を従え、悠然と網野町の市街地と丹後半島の浅茂川潟を見下す丘陵の上に位置している。


Created by シスマックス

このページのトップへ戻る