京都府北部【海の京都】京丹後市の観光情報「京丹後ナビ」は、久美浜町・網野町・峰山町・大宮町・弥栄町・丹後町の6町からなる京丹後市観光協会のサイトです。

神明山古墳

神明山古墳

 古墳時代前期後半(4世紀後半)の前方後円墳で墳丘長190メートル。丹後半島を貫く竹野川の河口付近に位置する、網野銚子山古墳に次いで日本海側最大級の丹後三代古墳です。葺き石と丹後型円筒埴輪列をもつ三段築成。丹後一帯を支配した豪族の墓と推測されています京都府京丹後市にある前方後円墳。出土品は、近隣にある「古代の里資料館」に展示されている。かつて古墳の北西にあった潟湖・竹野湖のほとりにあり、砂丘で海と隔たっていることが指摘されていました。船と船を漕ぐ人物の埴輪が出土しており、古代の海岸線と平行に築造されていて、葺石を貼っているから海上から眺めると白色に輝いてよく目立ち、港の位置を示す標識にもなっていました。同様に4世紀の後半以降、港との関係で大規模な前方後円墳が現れ、上総、尾張、丹後、伯耆などでは、その地域最大の古墳も港との関係で出現したといわれています。このようなことから、丹後王国(丹後政権)論が提出されています。

神明山古墳へアクセスする近道が、竹野神社の脇から続いている。丘陵の縁に作られた階段を登り、進路表示に従って民家の間を抜けてゆくと、竹野神社から250mほどで史跡明神山の前方部に着く。後円頂部は殆ど平坦で、その直径は約40歩ほどある。明治26年頃、一度上部を開墾して桑畑にしようとした際、封土が削り取られたとのことだ。その中央に、史跡を示す碑が建っている。


Created by シスマックス

このページのトップへ戻る