京都府北部【海の京都】京丹後市の観光情報「京丹後ナビ」は、久美浜町・網野町・峰山町・大宮町・弥栄町・丹後町の6町からなる京丹後市観光協会のサイトです。

産学共同制作の京丹後市観光PR動画

なつかしい庭

彼は生まれ育った町で観光客を相手に写真を撮る仕事を営んでいた。ある日、地元を離れているはずの幼馴染みを見かけた彼は・・・

産学共同制作の京都府京丹後市の観光PR映像です。
京都府立大学公共政策学部公共政策学科 2011年度2年生窪田ゼミに所属する学生が作成しました。

スタッフ

窪田准教授、磯山、白木、寿栄松、須原、田中、服部(敬称略)

ロケ地マップ


より大きな地図で 京丹後市PR動画 ロケ地マップ を表示

ロケ地の説明

1.霧降りの滝(きりふりのたき)【Time 0:12~】

霧降りの滝

美しく美味しい水で有名な新庄地区の奥にある、高さ21M幅4Mの滝です。
国道178号線を新庄集落方面(南)のわき道へ入ります。国道上に案内看板が有ります。
岩肌にあたった水しぶきが霧状になって降り注いでいるところからその名がついたという景勝地です。滝簾の中に不動明王の彫刻が見られます。


「霧降りの滝」の関連記事

2.遊絲舎(ゆうししゃ)【Time 0:19~】

遊絲舎『藤布』を独自の製法で現代の織物と融合させ縄文最古の原始布を今に伝えています。
帯の制作、藤布製品の販売や見学、藤布に触れあう体験も行っています。


HP http://www.fujifu.jp/ 、 「遊絲舎」の関連記事 、 「遊絲舎」の『藤布』体験ツアー

3.KTR(京都丹後鉄道)【Time 0:23~】

KTR(京都丹後鉄道)京都府北部の丹後と兵庫県北東部の但馬を走る鉄道です。
開業以来、通勤通学をはじめ地域の人々の生活の足として、また、ビジネス観光、レジャーなどに広く丹後交通の要となっています。


HP http://trains.willer.co.jp/ 、 「KTR」の関連記事

4.KTR木津温泉駅(きつおんせんえき)【Time 0:33~】

KTR木津温泉駅京都丹後鉄道の駅で、駅舎に足湯があり、立ち寄って旅の疲れを癒すに最適です。
奈良時代、僧行基が見つけた木津温泉。伝説によると、一羽の傷を負った白鷺がこの地で傷を癒していたのをみつけ、湯治場として伝わっているようです。
木津は『きつ』と読み、『きづ』と濁らない読み方をします。


HP http://trains.willer.co.jp/station/kitsuonsen/index.html 、 「KTR木津温泉駅」の関連記事

5.豪商稲葉本家(ごうしょういなばほんけ)【Time 0:46~】

豪商稲葉本家織田信長の家臣、美濃の稲葉一族の末裔とされる豪商の邸宅です。
木造2階建ての母屋をはじめ、江戸期建造の離れの茶室や4棟の蔵資料などが見学でます。
陶芸やお香づくりの体験も楽しめます。


HP http://www.inabahonke.com/ 、 「豪商稲葉本家」の関連記事

6.丹後町袖志(たんごちょう そでし)【Time 1:05~】

丹後町袖志京丹後市丹後町にある「袖志の棚田」は、海と集落と棚田を望む景観が美しく、【日本の棚田百選】にも選ばれています。


「丹後町袖志」の関連記事

挿入曲

タイトル:なつかしい庭

歌詞

※一部、映像には使用されていない部分があります。

もどってきてしまう なつかしい風の吹く方へ
渡り鳥のように海も山も越えて
さりげなく嘘ついて小突かれた
いくつもの愚痴や不安を知っている空

どこまでもいけるなら
あの道を辿りたくなる
どこまでも行けるけど
あの街に帰りたくなる

さぁ今ことばをほどくよ


Created by シスマックス

このページのトップへ戻る