安全・安心な観光推進のまち

《京丹後市安全で安心な市民生活と観光立市のための新型コロナウイルス感染症等対策条例》

京丹後市では、「市民生活の安全、安心の確保」と「観光立市と安全、安心な観光地づくり」の両立を発展的、安定的に実現していくために、市の責務、市民や関係者の役割、そして本市を訪れる観光旅行者の皆さまにも一定ご協力をお願いすることを“まちのルール”として定め、共有し取り組んでいくための条例が制定されました。

京丹後市公式サイト_「京丹後市安全で安心な市民生活と観光立市のための新型コロナウイルス感染症等対策条例」 が制定されました。

条例制定の趣旨
新型コロナウイルス感染症がいまだに終息しない中、市民の皆さん、関係者それぞれの立場でまん延防止の取組が行われています。
このような中、京丹後市では「市民生活の安全、安心の確保」と「観光立市と安全、安心な観光地づくり」の両立を発展的、安定的に実現していくために、市の責務、市民や関係者の役割、そして本市を訪れる観光旅行者の皆様にも一定ご協力をお願いすることを“まちのルール”として定め、共有し取り組んでいくための条例が制定されました。

京丹後市では、本条例を理解し、実践することの意思表示として、この「安全、安心な観光のまち推進宣言」のシンボルマークを作りました。今後、市主催の事業や京丹後市観光公社の観光プロモーションなど、様々な場面で掲示し周知を図ります。
自由にダウンロードしていただけますので、本趣旨に賛同いただける市民の皆さん、事業者の皆さんは、店頭や販促物への掲示など、どうぞご活用ください。

市の責務(第3条)
国や京都府と連携し、市内での発生予防、まん延防止対策を的確かつ迅速に実施します。
市民・事業者・観光関係団体の役割(第4条、6条)
【市民・事業者・観光関係団体共通】
自らの感染予防と、市の対策への協力に努めます。
【事業者】
ガイドライン等に沿ったまん延防止措置の実施に努めます。
【観光関係団体】
事業者への情報提供、助言、調整のほか、旅行者への適切な情報発信を行うよう努めます。
観光旅行者の役割(第5条)
安全、安心に滞在できるよう、旅行者の皆さまにもまん延防止など市の対策にご協力をお願いします。(努力義務)
差別・誹謗中傷等の禁止(第4条)
市民等は、感染等を理由に感染者、家族、関係者等に対し、いかなる不当な差別、心理的外傷を与える言動等をしてはいけません。

この条例で対象としているのは、新型コロナウイルス感染症、新型インフルエンザ(再興型含む)、新感染症などの全国的かつ急速なまん延により国民の生命及び健康に重大な影響を与える恐れがある感染症です。
(新型インフルエンザ等対策特別措置法を引用)

「安全、安心な観光のまち推進宣言」のシンボルマークをご利用ください

本取り組みに賛同いただける市民の皆さん、事業者の皆さんは、店頭や販促物への掲示など、シンボルマークをダウンロードし、自由にご活用ください。

<ホームページ等でお使いいただけるシンボルマーク>

シンボルマークのステッカーも作成しました。ステッカーをご希望の方は申請をお願いします。最寄りの京丹後市観光公社各支部、本部で窓口交付を行っております。下記の「ステッカー申込書」でダウンロードできます。

ガイドラインのピクトグラムを自由に組み合わせて作成できます

市民・事業者・来訪者の皆様にあらゆる場面で取り組んでいただきたい感染予防対策を分かりやすく、京丹後市のマスコットキャラクター、コッぺちゃんのイラスト(ピクトグラム)にしました。店舗や事務所、イベント会場、地域などでお使いください。

ガイドラインのピクトグラム

ピクトグラムをご利用いただく際は注意事項を一読の上、ご利用ください。

作成ページはこちら

《京丹後市内の宿泊施設などにおける新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインについて》

〔宿泊〕

◎京丹後市「宿泊施設における新型コロナウイルス感染症感染拡大予防ガイドライン(標準的対策)」

◎全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会と日本旅館協会、全日本シティホテル連盟による「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第一版)」 ↓


〔体験〕

◎海の京都「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」


〔飲食店〕


〔その他〕

◎京都府「感染拡大予防ガイドライン」

《各公共交通機関の取り組み》

丹後海陸交通株式会社公式サイト

京都丹後鉄道(WILLER TRAINS株式会社)公式サイト

《京都府・京丹後市の情報》

京都府公式サイト_新型コロナウイルス感染症に関連する情報について

京丹後市公式_京丹後市新型コロナウイルス感染症対策サイト

《会員向け:新型コロナウイルス関連の各種支援策(※観光事業者向けの施策を抜粋)》