京都・間人港直送 活イカ

「旬の活イカ」実証事業は7月15日で終了致しました。
7月16日以降の活イカ料理の提供につきましては、各施設に直接お問い合わせください。

()丹後()でしか出会えない味がある

白イカの活き造り“活イカ”。

透明で美しく、活きてないと味わえない“コリコリ”とした食感と、噛むほどに増す濃厚な甘味が特徴です。

みなさんお馴染みのイカですが、実はとてもデリケートでストレスに弱く、生きたまま水揚げすることが難しい生き物。

今回、京丹後では、専用水槽や流通システムを整備。目の前でまだ動いているほど新鮮な状態で召し上がっていただけるようになりました。

海辺のまち京丹後ならではの旬の逸品をお楽しみください。

最高級種のイカ “白イカ”

イカの中でも最高級とされ、アオリイカと並ぶ「イカの王様」です。

甘味がとても強く、上品な味わいが特徴。

頭の先端が剣のように尖っているので、“剣先イカ”とも呼ばれます。

もうひとつのお楽しみ 漁火の夜景

京丹後の水平線には、夕刻から、イカ釣り漁船の集魚灯の光が並びます。

山陰海岸ジオパークの絶景と、夕日と漁火がまじりあう、京丹後ならではの光景です。

新型コロナウイルス感染症に関して

京丹後市では、「市民生活の安全、安心の確保」と「観光立市と安全、安心な観光地づくり」を両立するため、「京丹後市安全で安心な市民生活と観光立市のための新型コロナウイルス感染症等対策条例」を制定。活イカ提供店では、関連ガイドライン等を遵守してお客様をお迎えします。お客様におかれましても、ご来訪の際には、新型コロナウイルス感染拡大防止へのご協力をお願いします。

活イカを食べる

※2021年7月5日現在の情報です。

※「旬の活イカ」実証事業は、7月15日で終了致しました。7月16日以降の活イカ料理の提供につきましては、各施設に直接お問い合わせください。