「京丹後ナビ」京丹後市観光公社 公式サイト

京丹後市の食

京丹後の高級ブランドガニ「間人ガニ」

Snow crab

11月6日〜3月末

日本海に突き出た丹後半島にある「間人(たいざ)漁港」(京丹後市丹後町)では、毎年11月6日にズワイガニ漁が解禁されます。この間人漁港に水揚げされる「間人ガニ」は、京都府の最北端、経ヶ岬の沖合い約20~50㎞を漁場とし、日帰り操業により鮮度が抜群。味や品質などすべてにおいて最上級といわれています。

間人ガニが最上級といわれる理由

間人ガニの漁場は、深海部が陸棚になっている水深約230~300mの海底にあります。餌場は、深海300m以下の海層で溶存酸素量が多く、1年を通して水温0℃〜1℃の穏やかな「日本海固有水」と呼ばれる水塊となっています。海底は砂泥状になっており、カニの餌となる生物やプランクトンが豊富に生息しています。

カニ漁は、5隻の小型底曳網漁船(「愛新丸」「海運丸」「協進丸」「大有丸」「蓬莱丸」(順不同))で操業され、海上で停泊することなく日帰りで漁をしています。

品質を守り他の産地との差別化を図るため、まず、漁師自らが船上で一匹一匹厳しくチェックをし、「たいざガニ」の文字と船名が刻印された緑のタグを手作業で付けていきます。さらに、身詰まりや大きさ、重さ、キズや色つや、形の良し悪し、成長の度合いなど、約50もの厳しい基準により選別がなされた後、競りにかけられます。

揚がったばかりの生きたままのカニは漁港内にある「間人漁港衛生管理型荷捌所」に運ばれ、次々と競り落とされ、新鮮なうちに市場に出回ります。

「何故、幻のカニと呼ばれるのか」

日本海の冬のカニ漁の厳しさは、私たちの想像を超えるほど。波で強く揺れる小型漁船でのカニ漁は、まさに命がけで行われます。特に12月から2月にかけての冬の厳しい折には、海が荒れ漁のできる日が限られてしまいます。これらのことから間人ガニは漁獲量が少なく、なかなか手に入らないことから「幻のカニ」とも呼ばれています。

もうひとつの幻のカニ「大善ガニ」

京丹後には、間人ガニの他に「浅茂川漁港」(京丹後市網野町)に水揚げされる「大善ガニ(だいぜんがに)」があります。

漁場は間人ガニと同じで日帰り漁なので鮮度が抜群。しかしながら漁は小型底曳網漁船「大善丸」一隻のみで行われ、出回る数が少なく希少価値の高いカニです。「網野・大善丸」と刻印されている緑色のタグが目印です。

コッぺガニ(セコガニ)

ズワイガニの雌、「セコガニ」のことを京丹後では「コッペガニ」と呼んでいます。

ちなみに 京丹後市のマスコットキャラクター「コッぺちゃん」は、この小さくて可愛い「コッぺガニ」を模しています。

コッぺガニの味の特徴は「内子」と「外子」です。体内にある卵巣「内子」は綺麗なオレンジ色をしており、濃厚でクリーミーなカニ味噌と絡めて食べるとコクの深さが増す最高の食材です。外子は、プチプチとした食感が特徴です。コッぺガニは資源保護の為、漁の期間が11月6日から12月末までとなっています。(雄は3月20日まで)

「間人ガニはどこで食べられるの?」

京丹後では毎年、11月6日のカニ漁解禁に合わせて、市内の宿はカニ料理の提供を開始します。
中でも間人ガニは丹後町を中心に提供されています。

よくある質問

体験・ツアー

Experiences&Tours

オンラインで体験ご予約できます!

おすすめの体験

  • 陶芸体験(細見工房)

    陶芸体験(細見工房)

    通年
    雨の日OK(屋内)

  • いちご4種類を味比べ♪<br>30分食べ放題<br>さんとよいちご狩り

    いちご4種類を味比べ♪
    30分食べ放題
    さんとよいちご狩り

    2024年2月20日~5月上旬まで

  • 丹後ちりめんハンカチ染色体験

    丹後ちりめんハンカチ染色体験

    天候を気にせず体験出来ます。

    通年
    雨の日OK(屋内)

  • アートな猫絵付け体験

    アートな猫絵付け体験

    通年
    雨の日OK(屋内)

  • こま猫 絵付け体験

    こま猫 絵付け体験

    通年
    雨の日OK(屋内)