「京丹後ナビ」京丹後市観光公社 公式サイト

数々の名優が演じた“海の京都・京丹後”巡ってみたい風景がここにある

釣りバカ日誌 5

釣りバカ日誌 5

「釣りバカ日誌5」
好評発売中
DVD:1,980円(税込)
発売・販売元:松竹
©1992 松竹株式会社

※2022年1月時点の情報です。

釣りバカ日誌 5

国民的人気コンビ、ご存知ハマちゃん&スーさんのコンビが贈るドタバタコメディ!

 浜崎家の長男・鯉太郎くんの冒険編と、ハマちゃんの左遷騒動を描いた第5作。ハマちゃんの釣りバカを上回る親バカぶり、スーさんのお祖父ちゃんぶりも楽しい。
 鯉太郎が防波堤の上をハイハイするサスペンスにはじまり、さらに鈴木建設本社ビルの中を鯉太郎が冒険するシーンは、細かいギャグを積み重ねたドタバタ喜劇的な展開となる。
 やがてハマちゃんが騒動の引責で、京都丹後半島の“プロジェクトA=スッポンの養殖”の担当者として転勤することとなり、みち子さん鯉太郎と離ればなれになってしまう、ハマちゃんの運命やいかに?

公開(放送)年
1992年12月
監督名
栗山 富夫

松竹に入社。助監督を経て『いとしのラハイナ』で監督に昇進する。1985年、『祝辞』で芸術選奨新人賞を受賞。『釣りバカ日誌』シリーズの前期作品を計11作手がける。

出演者

浜崎伝助(鈴木建設営業三課): 西田敏行
浜崎みち子(妻): 石田えり
太田八郎(ハマちゃんの隣人): 中本賢
恵(営業三課): 戸川純
前原(運転手): 笹野高史
佐々木和男(営業三課課長): 谷啓
秋山鉄蔵(専務): 加藤武
草森(秘書室長): 園田裕久
堀田(常務): 前田武彦
浜崎たき(伝助の母): 乙羽信子
鈴木一之助(鈴木建設代表取締役社長): 三國連太郎

ほか

 

※太字は下記ロケ地にて演じられた方々。

この作品のロケ地

京丹後市久美浜町湊(湊養殖場)

●鈴木建設の新規事業「プロジェクトA」のスッポンの養殖場で、浜崎伝助(西田敏行)が、前任担当者の須本(神戸浩)から引継ぎを受け、養殖すっぽんの世話を行うシーンなど。
実在する養殖場だが、実際はすっぽんではなく車海老などの養殖を行っている施設。
養殖場向いは久美浜湾、裏手は葛野浜海水浴場となり日本海が広がる砂州にある。浜には海岸歩道が整備され、海浜植物観察や山陰海岸ジオトレイルなどのウオーキングコースとしても利用されている。

京丹後市丹後町砂方(国道178号)

浜崎伝助(西田敏行)が、養殖担当の須本(神戸浩)と鈴木建設の丹後出張所へ向うシーン。
日本海に沿って走る国道178号線。冬の日本海が荒れた日には「波の花」が海面から国道へ吹き上がって舞い散るスポット。

■松竹作品データベース「釣りバカ日誌 5」

 

 

京丹後市網野町掛津(琴引浜の露天風呂)

●鈴木建設の養殖事業担当の須本(神戸浩)が、丹後半島へ赴任してきた浜崎伝助(西田敏行)を案内する際に立ち寄った浜辺の露天風呂につかるシーン。
山陰海岸ジオパークエリア内で、鳴砂の浜として知られる「琴引浜」でキャンプ場などもある。数多くの映画やドラマの作品が撮影されている浜。
※露天風呂は地元地区が管理されており、季節により利用可能です。

体験・ツアー

Experiences&Tours

オンラインで体験ご予約できます!

おすすめの体験

  • 小さい提灯 ちび丸制作体験

    小さい提灯 ちび丸制作体験

    料金:4,400円(税込)
    所要時間:約60分

  • いちご4種類を味比べ♪<br>30分食べ放題[さんとよ]

    いちご4種類を味比べ♪
    30分食べ放題[さんとよ]

    ~今シーズン(2024年)のいちご狩り体験は終了しました~

  • 陶芸体験[細見工房]

    陶芸体験[細見工房]

    料金:1,800円(税込)※送料別途
    所要時間:約60~120分

  • アートな猫絵付け体験

    アートな猫絵付け体験

    料金:3,500円(税込)~
    所要時間:約60分

  • こま猫 絵付け体験

    こま猫 絵付け体験

    料金:3,500円(税込)~
    所要時間:約60分