京都府北部【海の京都】京丹後市の観光情報「京丹後ナビ」は、久美浜町・網野町・峰山町・大宮町・弥栄町・丹後町の6町からなる京丹後市観光協会のサイトです。

歴史

今から約2200年前、秦の始皇帝は斉の方士「徐福(徐市)」に命じて不老不死の薬を探索させました。徐福が向かった地は、斉の国・琅邪(瑯琊)の東海に浮かぶ仙人が住む島にある聖地「蓬莱」です。
徐福伝説が残る地は日本全国に20ヶ所以上にのぼります。その内の一つが丹後半島です。
丹後半島は徐福が来た頃から稲作・農耕・鉄製品の加工・機織・酒造り・医療薬学など、秦(中国大陸)からもたらされた技術により発展し、その後「丹後王国」(4世紀~5世紀)が築かれる基となりました。

古墳時代、丹後・丹波(京都府中部)・但馬(兵庫県北部)を合わせて「大丹波国(おおたにわこく)」とも言われる勢力の中心地であった丹後には、約6,000基の古墳があり、全長200m級の前方後円墳もあります。

青龍3年(西暦235年)という日本で一番古い年号を記した銅鏡「方格規矩四神鏡(ほうかくきくししんきょう)」(3世紀前半)が峰山町、弥栄町にまたがる大田南5号墳から出土するなど、古代丹後地方が大きな勢力をもっていたことを物語る遺物が数多く発見されています。

縄文時代より使われてきた「藤布」や、大和朝廷に献上された「丹後ちりめん」など機織りは、現代も引き継がれています。

神社仏閣

 ※写真または名称をクリックすると、詳細ページを表示します。

竹野神社

竹野神社

第9代開化天皇に嫁いだ竹野媛。 晩年郷里に帰って天照大神を祀った由緒ある神社。
乙女神社

乙女神社

日本最古の羽衣伝説発祥の地とされる磯砂山のふもとにあります。乙女神社は、天女の娘の1人がまつられているとされ、お参りすると美女が授かるといわれています。
慶徳院

慶徳院

慶徳院は釈迦如来像を本尊とする臨済宗天龍寺派のお寺である。円山派の日本画家・長澤蘆洲の襖絵44面を収蔵することで有名。
金刀比羅神社

金刀比羅神社

文化8年(1811年)、峰山藩主・京極高備が讃岐の金毘羅権現の分霊を迎えました。商売繁盛・縁結び・受験の神様。秋には美しい紅葉が境内を飾ります。
比沼麻奈為神社

比沼麻奈為神社

主祭神は元伊勢宮・豊受大神。ニニギの尊、アメノコヤネの尊をお祀りしています。社殿は伊勢神宮と同じ神明づくり。
縁城寺

縁城寺

縁城寺本堂の左右には、運慶作という大きな仁王像をひかえ、藤原中期の作と伝わる国の重要文化財千手観音立像を本尊とする名刹です。
禅定寺

禅定寺

佐平治が最初に織り、丹後ちりめんのもととなったといわれている「縮み布」は禅定寺に寄進され、現在も寺宝として大事に保管されています。
大宮賣神社

大宮賣神社

縁結び・安産・子孫繁栄・文化発展の守護神。境内全域が京都府古代祭祀史跡に指定されています。
平地地蔵

平地地蔵

台座を含む高さが5.3mという京都府内有数の高さで知られる平地地蔵は、口の右上に黒点があることから「あざとり地蔵」とも称されています。
静神社

静神社

主祭神は丹後七姫の一人、静御前。生まれたとされている磯という地域の高台に建立されていて海を眺めるにも良い場所です。
朝日神社

朝日神社

女性の願いをかなえる朝日神社。ご神体は大きな岩!久美浜の朝日神社(巨石神社)から網野へ分体し祀られたのだそうです。
龍献寺

龍献寺

龍献寺は、もともとは小浜離山(網野町小浜離れ湖)にありましたが、1653年に焼失し、1675年に現在の位置に再建されました。
嶋児神社

嶋児神社

網野町八丁浜の西端、浅茂川漁港に隣接する小さな丘に、浦島太郎(浦島子)を祀る嶋児神社があります。
本願寺

本願寺

奈良時代、一木に群れていた鴫がたちまち仏の姿と化し、呪文を唱えながら飛び立った。行基菩薩がこれに深く感じ一寺を建立されたとされる古刹。
宗雲寺

宗雲寺

宗雲寺の創建は不詳ですが常喜庵という天台宗の小庵で久美浜町多茂ノ木にあったと伝えられています。
神谷太刀宮神社

神谷太刀宮神社

神名帳にも記録されている由緒深い神社。四道将軍、丹波道主命を近畿で唯一お祀りしています。
如意寺

如意寺

「関西花の寺25カ所霊場会」第七番札所である如意寺は、門前に穏やかな内湾が広がり、豊かな自然に恵まれた絶景の地にあります。

史跡

 ※写真または名称をクリックすると、詳細ページを表示します。

赤坂今井墳墓

赤坂今井墳墓

赤坂今井墳墓は、京都府の北部、丹後半島の中央部に所在する弥生時代終末期前後の巨大な墳墓である。
丹後震災記念館

丹後震災記念館

峰山町室丹後震災記念館昭和2年3月7日に発生した北丹後地震は、丹後半島沖を震源としておよそ3,000人と言われる死者・行方不明者を出し、丹後大震災として語り継がれています。 震災による犠牲者の慰霊と記録資料の保存、地震に・・・
網野銚子山古墳

網野銚子山古墳

網野町の銚子山古墳(全長198m)は、丹後町の神明山古墳(全長190m)と加悦町の蛭子山古墳(全長145m)とともに丹後地方の三大前方後円墳の一つとされている。
古代の里資料館

丹後古代の里資料館

京丹後市丹後町にある「丹後古代の里資料館」では、京丹後市内から発掘された考古資料を中心に、縄文~中世の時代ごとに石器・土器・玉類などを展示しています。
大成古墳群

大成古墳群

丹後町竹野 大成古墳群 大成古墳群は丹後町竹野の高台にあり、6世紀末から7世紀初めにかけての古墳がたちならんでいます。この古墳からは様々な出土品があり、それらは当時の丹後地域の権力を示す貴重な資料とされています。このあた・・・
神明山古墳

神明山古墳

古墳時代前期後半(4世紀後半)の前方後円墳で墳丘長190メートル。網野銚子山古墳に次いで日本海側最大級の丹後三代古墳です。

京丹後市の神社仏閣・史跡マップ


Created by シスマックス

このページのトップへ戻る